四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 肩を動かすと
    ズキっとした
    痛みを感じる

  • 腕を挙げると
    痛みで洗濯物が
    干せない

  • 肩が動かし
    づらい

  • 夜間時、肩から腕が痛んで
    眠れない

生活に大きな影響を及ぼす四十肩・五十肩

年々、肩の痛みや動かしにくさに悩まされていませんか。

 

肩を上げたり、動かすことが困難になってしまう四十肩・五十肩。

主に加齢による症状ではありますが、

適切な対処を行うことで改善することが期待できる症状です。

 

ここでは、四十肩・五十肩の原因や、日常的に行える改善方法をご紹介します。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

肩の炎症によって起る「四十肩・五十肩」

四十肩・五十肩は、

「加齢により出る痛み」

「年齢の問題だから仕方がない」

と思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

四十肩・五十肩は加齢によって出てくる症状ではありますが、適切な対処を行うことで改善が期待できるものでもあります。

四十肩・五十肩になってしまう原因を知ることで、対処法をみつけましょう。

 

 

【四十肩・五十肩の原因】

四十肩・五十肩が起こる根本的な原因はまだ判明していないこともありますが、肩の関節にある腱板という組織が炎症を起こし、その炎症が関節包に広がって起こると言われています。
これは加齢に伴い、腱や筋肉の柔軟性がなくなってスムーズに動かなくなるからと言われています。

 

 

【肩こりとの違い】

肩こりと四十肩・五十肩の違いをご存知でしょうか。似ているようで、その原因は異なります。
肩こりは「筋肉疲労」の状態であるのに対し、四十肩・五十肩は「炎症」の状態ことを言います。

肩こりは、筋肉の緊張からくる血行不良の悪化が主な原因と言われています。
習慣化した不良姿勢や運動不足、ストレスなどにより筋肉疲労が起こり、張りや痛みが引き起こされるのです。

一方、四十肩・五十肩は、加齢や日常的な負荷によって肩関節を取り巻く関節包や腱板に炎症が起こることで痛みが生じるため、中年以降の方に発症することが多いです。

 

四十肩・五十肩の症状と改善されるまでの期間

四十肩・五十肩はあるとき突然起こり、痛みや可動域の制限から日常生活にも支障をきたします。

その症状は「急性期」「慢性期」そして「回復期」によって異なります。

時期によって適切な処置を行うことで、痛みの症状を改善、早期回復を目指すことができます。

ここでは、四十肩・五十肩の症状と対処法についてご紹介します。

 

【急性期】

急な肩の痛みや、肩の動かしづらさを覚え、肩を動かす際に腕や指先まで痛みやしびれを感じることが挙げられます。
また、「夜間痛」といった就寝中に痛みで目が覚めてしまうといった方も多くいらっしゃいます。
この時期には肩周辺の軟部組織に炎症が起きている状態です。痛みのあるうちは冷やし、安静にしましょう。
重い物を持つ動作や、着替えといった動作にも気をつけることが大切です。

 

【慢性期】

急性期の痛みが少なくなるとともに、鋭い痛みから鈍い痛みへと変化して肩の可動域が狭くなっていくことがあります。
ですが、痛みがあることで肩の筋肉を動かさずにいると、組織の癒着が起こることがあります。
さらに肩が動かしづらくなってしまうため、動かすことが重要となります。
この時期には患部を温めることで血流を促進し、肩をゆっくりと大きく回す運動を行うことで回復を目指せるでしょう。

お風呂上りなど、身体が温まった状態の際にストレッチを行うとより効果的です。

 

【回復期】

痛みが引いてくる期間ですが、肩関節は動かしづらいと感じる方もいらっしゃいます。
痛みが落ち着いたからといって完全に回復しないまま放置してしまうことで、また炎症が再発してしまうことがあります。
肩の可動域が狭まらないよう、筋力をつけるようなトレーニングを行うストレッチを取り入れるなどといったケアが重要になってきます。

 

四十肩・五十肩は、セルフケアでは根本改善が難しい場合もあります。
肩に痛みや違和感を覚えた際には医療機関、または接骨院・整骨院に相談することも良いでしょう。

 

船橋中央整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

当院ではまずカウンセリング時に痛みの原因を探り、その上で患者さんお一人お一人に合った的確な施術プランをご提案します。

 

四十肩、五十肩は肩だけでなく体幹が原因により一時的に症状が出ていることもあります。

 

早期改善するためにもしっかりとお調べして、見極めていきます。

四十肩、五十肩だけではないのですが、放置したまま時間が過ぎれば過ぎるほど改善にも時間がかかります。そのため早期の改善が大切です。

 

施術としては、主に「ハイボルト療法」「鍼」を使用し全体的なバランスを整えていきます。
万が一、重度な症状の方は医療機関へのご紹介も可能ですのでご安心ください。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を流すことにより組織の修復や靭帯の回復作用を促進し、直接深部の組織にアプローチし、回復を早めることが期待できます。

 

■経穴・ツボへのアプローチ

丸いテープをツボに貼ることで持続的に皮膚や筋肉にアプローチし、症状緩和を促します。
テープには多くの種類があり、それぞれ効能に違いがあるので、症状に合わせたテープを使い分けます。

 

■テーピング

筋肉のサポートをすることで痛みを緩和し、動きを楽な状態に改善していきます。

 

■骨格矯正

手技療法で骨格や関節を正しい位置に戻していく施術方法です。
リンパや脳、脊髄、ホルモンバランスを整えて身体の痛みを和らげていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使用して癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことにより筋肉を活性化し、動きを楽にしていきます。

 

■超音波療法

軟部組織の損傷に効果が期待でき、深部にアプローチしていきます。
筋肉と骨の再生を促進させる効果が期待できます。

 

■カッピング

透明のカップで皮膚を吸引することにより血液が表面上に吸い上げられ、表面上の血流循環を促進させることができます。
肩から腰にかけての痛みに効果が期待できます。

 

■鍼灸

ツボを鍼で刺激して筋肉を緩めながら、直接筋肉にアプローチできるので長期間痛みが取れない症状に効果が期待できます。
お灸は身体の冷えやすい方に効果的で、温熱を与えることで免疫力アップを期待できます。

 

■猫背矯正

最初に身体の姿勢チェックをして現状を理解していただきます。
手技療法による骨格調整で元の姿勢に改善していくことで、身体の痛みや肩こりなどの症状を緩和させる効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:田邉 秀行
関東鍼灸専門学校卒業
東京医療専門学校柔整科卒業 趣味はサッカー小、中、高とサッカーを地元船橋でやっていました。
学生時代は母校のバレー、サッカーのトレーナー活動をし今でも、地元船橋のサッカーチームのトレーナー活動し船橋のサッカーを盛り上げる為様々な活動をしています。
地元、船橋の地域の方々に少しでも身体の痛み、健康の手助けをしていきます
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】船橋中央整骨院 公式SNSアカウント 船橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船橋中央整骨院 公式SNSアカウント 船橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船橋中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中