膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 階段を降りる時
    に膝が痛む

  • 膝の曲げ伸ばし
    をすると
    痛みが走る

  • 膝全体に不快な
    重みを感じる

  • 膝がずれる
    ような感覚がある

膝の痛みの主な原因は加齢による変形と言われています

膝の痛みで最も多い病気は「変形性膝関節症」と言われています。

 

歳を重ねるにつれて関節の表面を覆っている軟骨はすり減り、

軟骨周囲の骨は関節全体は変形が進んでしまいます。

 

変形が進むことにより、膝関節は次第に痛みを生じてしまいます。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

日々の負担によって現れる「膝の痛み」

膝は常に体重を支え、歩行時には地面から足へとかかる衝撃を吸収するといった役割を果たしています。

こうした働きを日々繰り返すことで膝関節に負担が蓄積され、痛みの症状となって現れることがあるのです。

膝の痛みの症状は女性に多くみられ、高齢になるほど症状でお悩みの方は多くなる傾向にあります。

 

膝の痛みが現れる主な原因としては、次のような病気が考えられます。

 

【膝の痛みが出る原因】

 

●関節リウマチ

中年を過ぎる頃から関節リウマチが原因で膝の痛みを発症する方が増えくると言われています。
背中や腰の痛みから膝の痛みに繋がることもあります。

 

●変形性膝関節症などの病気

中年から高年までの方の中には、変形性膝関節症の初期症状として膝に痛みを感じる方もいらっしゃいます。
クッションの役割を果たす半月板のすり減りによる半月板損傷や、膝関節靭帯損傷の炎症が原因で起こる膝の痛みも少なくありません。

 

●関節包の硬化

関節の周囲を袋のように覆う関節包には、痛みを感じる神経が多くあります。
これらの神経が硬くなることで関節の動きが悪くなり、少しの刺激で痛みを感じやすくなったり曲げ伸ばしをしにくくなると言われています。

 

●スポーツ障害

ランニングやジャンプを長時間繰り返し行う負荷により膝に痛みが生じます。
オーバートレーニングにより生じるため、使い過ぎ症候群とも言います。

靭帯や腱が骨に接している箇所では筋肉の働きによるストレスが集中しやすく、組織に小さな損傷が生じます。

 

膝の痛みを悪化させないための対処法

立ち座りの動作や歩行時、膝は日常生活において頻繁に使う箇所でもあります。

痛みの症状が出た際、改善を目指すためには医療機関や接骨院・整骨院にかかることが大切ですが、日常生活のなかで対処していくことも、とても重要なことと言えます。

 

ここでは、日常的に膝の痛みを改善するための対処法をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

 

【膝の痛み対処法】

 

●正しい歩き方の習慣化

正しい歩き方を意識するだけでも、膝の痛みの予防に大切な内転筋と大臀筋を鍛えることが期待できます。

歩行時にはまず姿勢を正すよう意識しましょう。
頭の位置が前傾しないよう、背骨の真上に頭の位置があることが理想的です。
あごは軽く引き、上半身を引き上げるようなイメージで立ちます。一度、鏡を見てチェックすることも良いでしょう。
重心がかかとにあると、歩行時にかかとからしっかりと踏み込むことができます。
かかとからつま先へ、足の裏全体を使って歩くことで、正しい歩行ができるようになります。

また、歩行時は少し大股で歩くよう意識することが大切です。
股関節から足を大きく動かして歩くことで、膝がしっかり伸び、お尻から太もも、ふくらはぎの筋肉に刺激が加わり、トレーニング効果や脂肪燃焼効果が期待できます。

 

●ストレッチを行う

太ももの裏側にある筋肉(ハムストリングス)の緊張によって、太もも前面にある筋肉(大腿四頭筋)に影響し、関節に加わる負荷が大きくなるため痛みの症状となる場合があります。
そのため太もものストレッチを行い、筋肉の緊張を和らげることで痛みの改善に繋がることが期待できます。

太もものストレッチには「正座ストレッチ」が効果的です。
正座でしっかり膝を曲げた状態で10秒キープし、そのあとは膝をしっかりと伸ばした状態で10秒キープします。

膝の痛みが強く、正座が難しい場合はタオルや座布団を膝の裏に挟んだり、湯船の中で行うことで痛みが緩和され、ストレッチを行うことができるでしょう。

過度なトレーニングやストレッチメニューではなく、なるべく身体への負担が少なく、簡易に行えることを習慣化し、毎日続けることが大切です。

 

●痛みが強い場合はすぐに医療機関へ

変形性膝関節症や関節リウマチ、半月版損傷や膝関節靭帯損傷が疑われる場合には、医療機関で適切なリハビリを受けることが重要と言えます。
痛みを我慢せず、症状が悪化する前に医療機関の指示を受けましょう。

 

船橋中央整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院ではまず最初にカウンセリングをしっかり行い、身体全体をハイボルテージによって調べます。
その上で施術プランを決め、施術に移ります。

膝の痛みはただ膝が悪くなって痛くなる方もいますが、それ以外のもので痛みが出る方もいます。

まずは原因を確認をしてから施術をしていきます。

 

関節の動き方が悪いと負担がかかるので、主に「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「ハイボルト療法」によって滑らかに関節が動くように改善していきます。

その他にも、歩行の動作を確認して「テーピング」「サポーター」「包帯」を使い、歩行改善も行います。

ぜひ、一緒に根本改善を目指しましょう。

 

【膝の痛みアプローチ法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を流すことにより組織の修復や靭帯の回復作用を促進し、直接深部の組織にアプローチし、回復を早めることが期待できます。

 

■経穴・ツボへのアプローチ

丸いテープをツボに貼ることで持続的に皮膚や筋肉にアプローチし、症状緩和を促します。
テープには多くの種類があり、それぞれ効能に違いがあるので、症状に合わせたテープを使い分けます。

 

■テーピング

筋肉のサポートをすることで痛みを緩和し、動きを楽な状態に改善していきます。

 

■骨格矯正

手技療法で骨格や関節を正しい位置に戻していく施術方法です。リンパや脳、脊髄、ホルモンバランスを整えて身体の痛みを和らげていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使用して癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことにより筋肉を活性化し、動きを楽にしていきます。

 

■ドレナージュ【DPL】

股関節から足先にかけてクリームを塗りリンパの流れや血液循環を促進して老廃物を流します。足のむくみやだるさ、足の疲れやすい方におすすめです。

 

■カッピング

透明のカップで皮膚を吸引することにより血液が表面上に吸い上げられ、表面上の血流循環を促進させることができます。肩から腰にかけての痛みに効果が期待できます。

 

■鍼灸

ツボを鍼で刺激して筋肉を緩めながら、直接筋肉にアプローチできるので長期間痛みが取れない症状に効果が期待できます。
お灸は身体の冷えやすい方に効果的で、温熱を与えることで免疫力アップを期待できます。

 

■温熱療法

42度〜43度の気持ち良い温度でアプローチし、血流循環の促進をしてさまざまな症状の緩和に効果的です。

著者 Writer

著者画像
院長:田邉 秀行
関東鍼灸専門学校卒業
東京医療専門学校柔整科卒業 趣味はサッカー小、中、高とサッカーを地元船橋でやっていました。
学生時代は母校のバレー、サッカーのトレーナー活動をし今でも、地元船橋のサッカーチームのトレーナー活動し船橋のサッカーを盛り上げる為様々な活動をしています。
地元、船橋の地域の方々に少しでも身体の痛み、健康の手助けをしていきます
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船橋中央整骨院
住所〒273-0005 千葉県船橋市本町3-33-13
最寄:船橋駅から徒歩7分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船橋中央整骨院 公式SNSアカウント 船橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船橋中央整骨院 公式SNSアカウント 船橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船橋中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中