むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 慢性的な疲れを感じている

  • 夏でも靴下が
    手放せない

  • 足がむくみ、
    靴がきつくなる

  • 指先やつま先が冷たくて
    眠れない

つらい手足の冷えやむくみ、いつから我慢してますか

むくみや冷え性でお悩みの方は、女性を中心に多くいらっしゃいます。

なぜそのような症状が起こってしまうのかご存知でしょうか。

 

生活習慣ホルモンバランスの乱れ、そして身体のゆがみにも原因は隠れています。

 

ここでは、むくみや冷え性の原因や改善方法についてご紹介していきます。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

むくみや冷え性は病気のサイン

「夕方になると足がむくんでしまう」

「夏でも指先や足先が冷たい」

といった方は多くいらっしゃいます。

 

そのようなむくみや冷えの原因には、日常生活に原因が隠されているケースや、病気が原因となっているケースがあると言われています。

 

ここでは、むくみや冷えが起こる主な原因についてご紹介します。

 

【むくみの原因】

むくみとは、血流が悪くなることで足に水分が溜まってしまう状態のことを言います。
日常生活のなかで、むくみの原因となっていることは多くあり、その一例をご紹介します。

・立ち、座り仕事

長時間に及ぶ同じ姿勢によって血流が悪くなり、むくみの原因に繋がります。

・水分不足

水分不足を感じた身体は水分を溜めこもうと働き、むくみを生じやすくさせてしまうのです。

・前重心の姿勢

足の筋肉を正しく使えていないことで、偏った筋肉が硬くなり血流やリンパの流れの悪化に繋がります。

・更年期による症状

更年期にはエストロゲンが減少し、女性ホルモンのバランスが乱れる傾向にあります。
血管の収縮や拡張をコントロールを行っている自律神経の乱れにより、血流不足となり、むくみの症状が起こりやすくなるのです。

 

また、むくみは病気のサインとして身体に現れる場合もあります。

・腎機能障害

腎臓は身体のデトックス機能を担い、血液をろ過し老廃物を尿として体外に排出しています。
腎機能が低下してしまうと、体外に老廃物を含んだ水分を排出できなくなるため、むくみが起こりやすくなります。

・下肢静脈瘤

女性に多い病気で、ふくらはぎ部分の血管が膨らみ足がむくんでしまいます。
ひどい場合には表面にボコボコと静脈が浮き出てしまい、下半身の静脈の血管が膨らみます。

 

 

【冷え性の原因】

寒さが増してくると、手先や足先が冷たくなる、冷えると温まりにくいなどと訴える方が多くなります。

ですが、冬でなくとも同様の症状で困っている方は、次のような原因が考えられます。

 

・自律神経の乱れ

ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。
また、常に室内のエアコンが効いている部屋で薄着でいると、室内外の温度差が激しくなるため自律神経の機能が乱れます。
このようにして、夏でも冷え症になることがあります。

 

・女性ホルモンの乱れ

普段からストレスが多いことや、更年期になると女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、血流不良となり身体が冷えてしまうことがあります。

 

むくみや冷えの解消法

身体がむくんでしまうことで、余分な水分が血管やリンパ管を圧迫し、血流を悪化させてめぐりが悪くなると言われています。

血液のめぐりが悪くなることで身体は一層冷え、むくみがとれない状態が慢性化してしまいます。

そんな悪循環を防ぐためにも、むくみや冷えの対処方法についてご紹介します。

 

 

【むくみ対処法】

 

・適度な運動が効果的

普段から身体の血流を良くすることがむくみ対策には有効です。
定期的に運動を取り入れたり、普段から階段を使う、早足・大股で歩くなど、特に足を動かすことを意識してみましょう。
また運動をして筋力をつけることで、血流促進はもちろん、筋肉が熱を作り体温アップにも繋がります。

 

・塩分の排出をする栄養素を摂る

塩分は摂りすぎないようにするのはもちろんのこと、塩分の排出を助ける食材を摂ることも有効です。
利尿作用があり、塩分の排泄を助けるカリウムを多く含むウリ科の野菜(すいかやきゅうり、冬瓜)や、小豆、バナナや柿などの果物や、血管を温めるマグネシウムを含む海藻類なども積極的に摂りましょう。

 

 

【冷え対処法】

 

・ぬるめの湯舟にゆっくり浸かる

熱めのお風呂にさっと入るのではなく、38~40度くらいのぬるめの湯にゆっくりつかった方が身体の中からじっくりと温まることができます。
足首から下の部分浴も効果的です。

 

・筋肉量をアップさせる

1日に30分以上のウォーキングをしましょう。
脚には全身の約7割の筋肉が集中していると言われているので、下半身を動かすストレッチやスクワット運動などの筋肉トレーニングが効果的です。
適度な運動は筋肉量をアップするとともに、自律神経の機能を高める効果があるので習慣にすると良いでしょう。

船橋中央整骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

当院では、まずカウンセリングによって冷えやむくみの原因を探します。

そのあとボディケアを行い、「DPL」によって下肢の筋肉をほぐし、「自律神経調整」「骨格矯正」で全体のバランスを調整します。

血液の循環を改善しむくみや冷えに対してアプローチしていきます。

また、むくみや冷えは日常生活の状況が大事なポイントになります。

そのため、患者さんに合った生活へのアドバイスを必ず行っています。

 

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を流すことにより組織の修復や靭帯の回復作用を促進し、直接深部の組織にアプローチし、回復を早めることが期待できます。

 

■経穴・ツボへのアプローチ

丸いテープをツボに貼ることで持続的に皮膚や筋肉にアプローチし、症状緩和を促します。
テープには多くの種類があり、それぞれ効能に違いがあるので、症状に合わせたテープを使い分けます。

 

■テーピング

筋肉のサポートをすることで痛みを緩和し、動きを楽な状態に改善していきます。

 

■骨格矯正

手技療法で骨格や関節を正しい位置に戻していく施術方法です。
リンパや脳、脊髄、ホルモンバランスを整えて身体の痛みを和らげていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使用して癒着している筋膜を剥がしていく施術方法です。
癒着した筋膜を剥がすことにより筋肉を活性化し、動きを楽にしていきます。

 

■ドレナージュ

【EHD】

肩こりによる眼精疲労や頭痛の緩和を促します。
頭痛・めまい・吐き気等の症状にお悩みの方におすすめです。

【DPL】

股関節から足先にかけてクリームを塗りリンパの流れや血液循環を促進して老廃物を流します。足のむくみやだるさ、足の疲れやすい方におすすめです。

 

■鍼灸

ツボを鍼で刺激して筋肉を緩めながら、直接筋肉にアプローチできるので長期間痛みが取れない症状に効果が期待できます。
お灸は身体の冷えやすい方に効果的で、温熱を与えることで免疫力アップを期待できます。

 

■温熱療法

42度〜43度の気持ち良い温度でアプローチし、血流循環の促進をしてさまざまな症状の緩和に効果的です。

 

■産後矯正

産後で骨盤が開いた状態になるのを手技療法で正しい位置に戻していきます。産後6ヶ月以内が効果的で体型の維持や腰痛などの予防にも繋がります。
早めに施術を受けることをおすすめします。

 

■季節調整

免疫アップ調整とも言われ、お腹や首などの調整をすることにより、免疫力を向上させ自律神経の調整を行うことで身体を改善していきます。

 

■O脚矯正

最初にどのくらいO脚で足が曲がっているかを確認し原因を探します。その後に骨盤から調整をして膝や足、足首の痛みを和らげていきます。
姿勢改善や腰痛などの症状緩和におすすめです。

 

■猫背矯正

最初に身体の姿勢チェックをして現状を理解してもらいます。それから手技療法による骨格調整で元の姿勢に戻すことで、身体の痛みや肩こりなどの症状を緩和させる効果が期待できます。

 

■小顔矯正

顔の骨格調整をして引き締めることによりリンパの流れと血液循環を促進します。シワやハリなどのお肌の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:田邉 秀行
関東鍼灸専門学校卒業
東京医療専門学校柔整科卒業 趣味はサッカー小、中、高とサッカーを地元船橋でやっていました。
学生時代は母校のバレー、サッカーのトレーナー活動をし今でも、地元船橋のサッカーチームのトレーナー活動し船橋のサッカーを盛り上げる為様々な活動をしています。
地元、船橋の地域の方々に少しでも身体の痛み、健康の手助けをしていきます
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】船橋中央整骨院 公式SNSアカウント 船橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船橋中央整骨院 公式SNSアカウント 船橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船橋中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中